創業昭和51年 札幌施設管理株式会社が運営する人材サービス、UIターン求人、転職、派遣サイト

「転職活動は在職中?退職後?」

「転職活動は在職中?退職後?」

在職中に始めた方が大幅にメリット大

転職したいと考えたとき、「在職中に始めるべきか」「退職してから始めるべきか」と悩む人は多いと思います。

基本的には今すぐに始めたいけれど、現実問題としては、仕事をしながらでは転職活動に割く時間が作りづらいものです。職場に隠れて動くことに、後ろめたい気持ちもあるかもしれません。

「在職中」か「退職後」か。もちろんどちらにもメリットとデメリットがありますが、まずは結論から申し上げます。

「在職中」に始めたほうがメリットは大きいです。

当面の生活の心配がない

給料をもらいながら転職活動ができる。

「在職中」を推奨する最大の理由はこれです。在職中の転職活動は、現職での収入がありますので、生活の心配をすることなく打ち込むことができます。

一方で退職後の転職活動は、長かれ短かれ無収入の期間が必ず伴うことを意味します。これまでの貯金と、失業保険をうまくやりくりしたとしても、常にタイムリミットを背負いながらの活動となります。

もちろん、在職中の転職活動にも「就業時間外での活動」「土日を利用した活動」など、別の意味で時間の制約が大きくのしかかります。現職の繁忙期によっては時間をやりくりすることが難しく、転職まで長期化することもあるかもしれません。

無収入の中での転職は不安

以上のように「退職後におけるタイムリミット」と「在職中における時間の制約」を天秤にかけることになりますが、それでも私は「在職中の転職活動」を推奨しています。

なぜなら、後者(=在職中の時間の制約)はある程度対処することができますが(あとで説明します)、前者(=退職後)は本当のタイムリミットだからです。

収入がない期間というのは本当に不安なものです。ただ減っていくばかりの貯金に怯えながら、「何とかこの数字がゼロになるまでに働き先を決めなければ」というプレッシャーのなか活動していかなければなりません。

どんどん応募先のハードルは下がり、「多少条件が悪いけど仕方ない」と妥協してしまうこともあるでしょう。これが一番いけません。

転職活動はあなたの未来をより良くするための活動です。

最初から妥協する要素は排除しておくことをお勧めします。

在職中の時間の制約は調整できる

その点、「在職中」の転職活動にはそういう意味でのタイムリミットはありません。自分の希望の転職先が見つかるまで、じっくり続けることができます。

しかし、当然ながら仕事中は基本的に転職活動ができません。そこが悩みなわけです。

応募先探しや企業研究、履歴書作成やエントリーなどは就業時間後や土日にできますが、面接を平日の日中に指定されたら?

その場合は、遠慮なく企業に相談してみましょう。

採用担当者は在職中の人が多忙であることは理解しています。

さらに先方もなるべく多くの良い人材と出会いたいわけですから、決して不利に働くことはありません。就業時間後の夜間や土日の面接など、相談すれば検討してくれるはずです。

また、有給休暇を使って計画的に面接スケジュールを組むのもいいでしょう。

限られた時間での転職活動は大変ですが、不本意な転職をしてしまうよりはましです。在職しながらのスケジューリングが転職活動の最大の頑張りどころといえるかもしれません。